NEWS

新刊『あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ』の販売を開始しました。

『あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ』(著者 河野聡子)の販売を開始しました。ここ数年に翻訳出版された外国文学について、新聞書評を中心にまとめた本です。新書サイズのコンパクトな本ですが、40作以上を取り上げています。販売ページに「まえがき」と「もくじ」を公開していますので、ご覧ください。