【詩集】新しい手洗いのために
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【詩集】新しい手洗いのために

¥1,650 税込

送料についてはこちら

*本作品は2021年4月に素粒社さんより増補新版が刊行されました。 こちらは旧バージョンです。 『新しい手洗いのために』は、手を洗うという行為についての叙事詩です。 感染症および公衆衛生対策の基本は「接触の管理」にあります。そのための基本的な方法は「手を洗うこと」です。新型コロナウイルスCovid-19においては飛沫感染を防ぐためのマスクが重要とされていますが、はっきり目にみえる一方で顔の大部分を隠してしまうマスクの装着は、文化や体質によってなかなか受け入れられないこともあります。一方で、手洗いはほとんどの場合、目にみえません。手洗いは他人にアピールする行為ではなく、自分自身で完結する行動です。 多くの場合視覚優位な生き物である人間は、とかく、目に見えるものから問題にしがちです。しかし私たちの目は顕微鏡ではない。多くの場合洗った手も洗っていない手も私たちには区別がつきません。だからこそ私たちTOLTAは、手洗いについて考えることにしました。そしてできあがったのがこの本です。 本書はTOLTAが2018年に開始した協同制作の方法論で作成され、TOLTAのメンバー各自が「手を洗う」ことについて思いをめぐらし、記述した言葉をあつめて作られました。本書は部分的に、手を洗うためのハウツーであり、手を洗うことの歴史であり、手を洗うことの物語となっています。 2020年11月22日発売・A5変型・64ページ 全ページ、黒い紙に白いインクで印刷した本です。